お花畑をバックに花輪を被る笑顔の女の子

和光市新倉小のお近くにお住まいの、今月6歳になる年長さんの女の子が夏休みの間に2回、朝霞市の永井ピアノ教室へ無料体験にいらっしゃいました。和光市新倉小の近くから朝霞市の当ピアノ教室までは、車で7~8分なのだそうです。

お子さん自らピアノをやりたいと思われたようで、1回目の体験の際には、好きに鍵盤を触ってもらいました。

すると、テレビのコマーシャルで、ヤマハ音楽教室のメロディー「ドレミファソーラファミ・レ・ドー」を弾かれた時には、微笑ましさを感じましたね。

幼児には、絵本のような楽譜(大譜表)で、最初から両手を使うのですが、一番から始め六番まで進み切ってしまった時は、つい拍手をしました。

年長さんともなると、もう音符が文字を読む調子で読めるんですね。

本人は、ニコニコ顔です。

その後、リズム打ち「タタタンタン」と音符を見ながら、ノリノリでたたいてもらいました。アッと言う間に、10番まですすみました。幼児は、本当にリズムが大好きです。

お次はお母様に伺いました。

「ピアノの経験はおありですか?」

すると

「はい、高校受験でやめました。
だけど、先生が凄く怖くて……
こんな楽しい本はなくて、バイエルだけで……
楽しくやれるのが一番です!」

親御さんのまさに本音ですね。
お母さんのこういうお話はけっこうよく聞きます。
小学校の頃につまらなくてやめたとか。

でも、お任せください!
おっしゃるとおり、楽しくやれるのが一番です!

私の気持ちも引き締まります。

「楽しかった~!」

と帰っていただくために、私もあの手この手を使ってまいりましょう!

今回は和光市新倉小学校の近くから朝霞市の永井ピアノ教室まで来てくれた、年長さんの女の子のピアノ体験をご紹介しました。
和光市新倉から朝霞市根岸台の当教室までだと、もう少し大きくなったら自転車でも通えますね。

和光市新倉にお住まいの方、ぜひ永井ピアノ教室(朝霞市)の体験レッスンにもお越しになりませんか?
ひょっとしたら和光市駅の南側よりも、朝霞市の当ピアノ教室の方が近いかもしれませんよ?