脳の中のこびと=ホムンクルス

「手をよく動かすとボケにくい。」

皆さんどこかで1度くらいはこんな話を聞いたことがあると思います。巷では認知症の予防防止に、指を動かす体操もいろいろと考案されていますよね。埼玉県朝霞市の永井ピアノ教室で、認知症対策にピアノを推奨しているのもこのためです。

ではどうして手指の体操が、物忘れや認知症の予防防止に効果があるのでしょうか。科学的な根拠はあるのでしょうか?

今回は永井ピアノ教室(朝霞市)より、手指の体操が頭の体操になる理由、つまりピアノ教室が脳のトレーニングになる理由をご紹介します。

▼こちらの記事も人気です
徹底解説!ピアノで脳が鍛えられる4つの理由
ピアノは脳全体を鍛える
ピアノで子供の頭が良くなる理由

大脳の機能は入力、判断、出力の3つ

大まかに言うと、大脳の機能は3つの部分に分かれます。

1.外からの情報を受け取るところ(入力)

2.入ってきた情報を処理するところ(判断)

3.行動の情報を全身に送るところ(出力)

入力の部分があるのは頭頂葉の体性感覚野(視覚や聴覚はまた別)。
出力の部分があるのは前頭葉の運動野ということろです。

ペンフィールドの地図

さて今回のポイントはこの、入力の体性感覚野と出力の運動野です。
実は、この感覚野と運動野の多くの部分を占めているのが、手や指を支配する領域なのです。手は、ヒトが他の動物よりも特に発達した器官だけあって、大脳もそれを支配するのにかなりの範囲を要しているのです。

下の図をご覧下さい。気持悪くてすみません。

ペンフィールドの地図

これはペンフィールドの地図と呼ばれるもので、感覚野と運動野に占めている体の各部位の面積比を図式化したものです。手と顔が大きく描かれています。右側の運動野では特に手が大きくなっていますね。

これが何を意味していると思いますか?
それは、左側の感覚野(入力)の手が大きいという事は、手に刺激を与えると、それだけ感覚野の広範囲が刺激されるという事。

さらに、右側の運動野(出力)の手が大きいという事は、手を動かそうとすると、それだけ運動野の広範囲を使う必要があるという事です。

感覚野(入力)よりも運動野(出力)の方がより範囲が広いですね。つまり、単に手に刺激を与えるだけでなく、積極的に動かそうとすることで、より大脳を活性化させることができるのです。

ちなみに、この面積比をそのまま体の比率に置き換えて作られた人形があります。

脳の中のこびと(ホムンクルス)

下の写真をご覧下さい。毎度、気持悪くてすみません。

脳の中のこびと=ホムンクルス

左のお人形さんが感覚野(入力)の比率。右のお人形さんが運動野(出力)の比率です。高度に発達した手を支配するのに、脳がどれだけの領域を要しているかがよく分かりますね。

このお人形さんは「脳の中のこびと(ホムンクルス)」と呼ばれています。

入力の体性感覚野と出力の運動野を含めた、大脳全体の活動について、ピアノは脳全体を鍛える(前編・後編)で詳しく解説しています。こちらも合わせてお読み頂くと理解がさらに深まります。

最強の認知症対策は?

このように、手指の運動が脳を活性化させます。
よく、認知症の予防防止に手指の体操があげられるのはこの為です。
当然、既に認知症が発症している方でも、認知症の進行や悪化を遅らせる効果は、大いに期待できます。

では結局、認知症対策には何が良いのか?

それこそがピアノです。

左右10本の指を別々に動かすのに、どれだけ頭を使うかは想像に難くないと思います。
実際に、ピアノ教室に通われたご高齢者の方で、認知症が改善したという例もあるようです。
たとえ改善まではいかなくても、ピアノには認知症を予防したり、認知症の悪化や進行を遅らせる効果があります。

さて、今回は手指の体操にスポットを当てました。

しかし実は、

ピアノで脳を刺激できるのは、手指からだけではありません。

ピアノを弾くと脳で何が起こるのか?
ピアノがなぜ認知症の対策になるのか?
ワーキングメモリ(作業記憶)の鍛錬とは?

▼以下の記事で更に詳しく、トータルな面から解説しました。ぜひご覧ください。
徹底解説!ピアノで脳が鍛えられる4つの理由

埼玉県朝霞市の永井ピアノ教室は、朝霞市と和光市を合わせたエリアのちょうど真ん中あたりに位置します。
朝霞市根岸台の他、和光市新倉や下新倉からも徒歩や自転車で通え、実際に多くのお子さんが通われています。
朝霞台駅方面や和光市駅の南側エリアの方のために、駐車場もございます。
朝霞市か和光市でピアノの個人教室をお探しの方は、どうぞ永井ピアノ教室(朝霞市)にお越し下さいませ。