田舎の町と雪山を背景に笑う女の子

和光市新倉から朝霞市の永井ピアノ教室にお越しの小学2年生の女の子。12月からピアノ個人レッスンを始める事になりました。

今回はこの和光市の女の子の、無料体験レッスンからご入会までの様子をご紹介します。
ピアノ教室をお探しの方のご参考になれば幸いです。

▼他の入会事例・体験事例もどうぞ
入会事例~朝霞市の女の子(4歳半)

体験事例~志木市宗岡の男の子(6歳)

体験事例~朝霞市幸町の女の子(小2)

体験事例~和光市のご姉弟(小中学生)

 

和光市ですがご近所さんでした

埼玉県朝霞市の永井ピアノ教室ですが、実は和光市新倉のすぐ近くなんですね。
和光市の方ではありますが、わりとご近所さんでした。今回もホームページからピアノ無料体験レッスンにお申し込み頂きました。ありがとうございます!

やはり緊張から始まる1回目の体験レッスン

さて、今回の子も自分からピアノを習いたいと言われたとのこと。
1回目の体験でお会いすると、笑顔の愛らしいお子さんですが、言葉がうまく出ない様子。

恥ずかしいのかな?
少々緊張気味かな?

前回の4歳半の女の子とはまた違うタイプの子のようですね。

素敵なピアノ演奏を披露してくれました

ひとまず、「何か弾いてみる?」と聞いてみると、なんと学校の音楽会での演奏曲を弾いてくれました!

裏打ちのリズムや伸ばす音符も多く、私はびっくりしました。カッコイイじゃない!
しかも片手ずつ弾いて見せてくれました。

「上手ね!ピアノが好きなんだね!」
と盛り上がります。

小2ともなると理解も早い

次に、音符の説明に五線紙を出そうとしたら、今度はバッグから素敵な音楽ノートを取り出すではないですか。しかもト音記号での音符が母親によって書かれています。
これはこれは、親子共々、音楽への関心が高そうですネ。

その素敵なノートに、ピアノ楽譜(大譜表)と3オクターブの音符を書き連ねます。そして音の高低と、鍵盤の位置を説明すると、即理解を示しました。
小学2年生ともなると、もう学習能力が身に付いているのですね。

その後、教材「ぴあのどりーむ2」のNo.1の練習に入り、レッスンの進み方を説明。
ここで、1回目のピアノ無料体験レッスンは終了しました。

2回目のピアノ体験ではやる気満々の表情に

翌週、恒例の2回目のピアノ無料体験レッスンに見えました。
今週は学校での音楽の教科書を持参してくれました。

久々に小学校低学年の教科書を目にすると、今回もびっくり!
リズム打ちや音名、クラシック音楽鑑賞など、小2でここまで教えるのか!と。
しかも音楽専任教師です。私の息子達の頃は、体育から音楽まで、全て担任の先生でしたね。

小2でピアノ開始は全然遅くない

お母様は「レッスンを始めるのが遅いのですが・・・」と心配されます。

「とんでもないです。幼児と違い、出発点が違いますから、伸びますよ」とお伝えしました。
当の本人は、言葉にこそ出しませんが、やる気満々の表情です。
やはり2回目となると、子供の表情も変わるんですね。

「毎日、練習できる?」とクギをさすお母様。
これまた、親子共々しっかりものです。
「宿題を出しますから、ご心配なく」という事で一件落着。

こうして、親子で練習のお約束をして、ご入会が決まりました。
これからが楽しみですね。

さぁ、早速宿題です。
今週はドリルと、ト音記号を書いてきてもらいましょう!

今回は和光市にお住まいの小学2年生が、ピアノ無料体験から入会されるまでのエピソードをご紹介しました。
永井ピアノ教室は和光市新倉から徒歩5分程度です。
和光市新倉からは小学生でも十分通えますので、和光市でピアノ教室をお探しの方は、ぜひ無料体験レッスンにお越し下さい。