電話をかける若い女性の写真

朝霞市溝沼にお住まいの20代半ばの女性から、お問い合わせの電話をお正月明けにいただきました。

お気軽にお電話をかけて下さり、さっそく2日後にピアノ無料体験教室にお越しになりました。

ピアノは全くの初めてで
「月に1回ぐらいピアノ教室に行けたらいいなあ」
と言う思いだったそうです。

こちらも軽い調子で、早速『きらきら星』と『よろこびの歌』を「必ず弾けますよ!」と右手だけピアノにさわっていただきました。

曲の雰囲気も良くなり、次には左手をポンポンと入れていただくと、みるみる顔の表情も音もうきうきしてきました!

「両手で弾くなんて思わなかったです」
と、本当に楽しそうでした。

「子供の頃から、音楽の時間とか リコーダーとかお好きでしたでしょ?」
と伺うと

「はあ~い」
とのお返事。

ピアノを両手で弾くという思わぬ体験に、嬉しくなったのでしょう

「始めは月1回ぐらいでいいと思ってましたけど、練習しなくてはいけないですね」
と気持ちも積極的になります。

「そうですね。初心者は、少なくとも月2回はいらした方が良いのではないでしょうか」

そうお話するとさっそく手帳を広げ、初レッスンの予約を取られました。

とても良い体験をして頂けたと思います。
この最初の気持ちが大事なんですね。

最初の喜びの印象~ピアノを習う原点~を持ち続けられるよう、指導させていただきます。

今回は朝霞市溝沼からピアノ無料体験教室にいらした20代半ばの女性をご紹介しました。

朝霞市溝沼から根岸台の永井ピアノ教室までというと、朝霞市田島や岡、あるいは和光市下新倉からと同じくらいの距離でしょうか。

若い方であれば自転車でも通えるかもしれませんが、そこそこの距離ですよね。当ピアノ教室を選んで頂いて、有難い限りです。

朝霞市・和光市でピアノ教室をお探しの方、どうぞ永井ピアノ教室の無料体験レッスンにお越し下さいませ。お申込みをお待ちしております。