Q.家での練習は電子ピアノでも良いですか?

A.電子ピアノでもかまいません

最初からグランドピアノやアップライトピアノで練習するのが理想ではあります。しかし最初は「続くかどうかも分からないし……」という方もいらっしゃいます。住宅環境の問題もあります。ですので、妥協案ではありますが「とりあえず電子ピアノで始めてみて、熱心に続けるようになったら、本物のピアノを検討されたらいかがですか?」とお話しています。先生方の中には、最初から生のピアノを買うよう指示する先生もいるようですが、当教室ではそこまでの無理強いはしません。

Q.駐車場はありますか?

A.あります

教室から徒歩1~2分の場所に、生徒さん専用の駐車場をご用意しております。

Q.スパルタなんじゃないですか?

A.スパルタはやりません

 スパルタは子供を委縮させ、音楽を楽しむ心を萎えさせるからです。
 

Q.子供の頃に弾かされた練習曲がつまらなくって……

A.本人がつまらない教材は使いません

当教室では、どんなに良いと言われる曲や教材でも、本人の気が乗らなければ練習の効果は上がりにくいと考えています。子供も大人も、人それぞれ好みがあります。それは認めるべき個性というものです。昔と違い、今は様々な曲集や練習教材が出版されていますから、一人ひとりに合ったものを選ぶよう努めております。
詳しくは >ピアノ教室も子供の好き嫌いの見極めが大事

Q.ピアノは何歳から弾けますか?

A.5歳ぐらいから弾けます

4歳だと、発育の個人差によります。お椅子に座り続けるのが難しい子もいます。

Q.うちの子はピアノを始めるにはもう遅いんじゃないかしら……

A.遅くないです

ピアノは何歳から始めても上達します。ご安心ください。
詳しくは >小1・小2からピアノを始めるのは遅い?

Q.うちの子はピアノに向いてるかしら……

A.1度ピアノを弾かせてみて、表情をよく見ましょう

自分の子供に適性があるかどうかと、始める前から悩んでいる親御さんは意外とたくさんいらっしゃいます。まずはお子さんに、実際にピアノを弾かせてみて下さい。そして、その表情をよく見てあげて下さい。そのために行っている無料体験レッスンです。以下の記事では、長年ピアノを教えてきた中で感じる傾向や、子供の将来まで視野を広げたアドバイスをご紹介しております。
>子供にピアノを習わせるか否かを判断するための2つのヒント
>子供にピアノを習わせたいお母様へのアドバイス

Q.練習しない子にはどう向き合いますか?

A.レッスン時に練習していただきます

お勤めの方はもちろん、最近の子供は習い事の掛け持ちや塾通いも当たり前で、忙しいです。決して「練習しなくてよい」とは言いませんが、それでも「ピアノが好きだから」「弾けるようになりたいから」と通い続けて下さる気持ちには応えたいと思っています。当教室では、生徒さんが練習してこなかった日は、レッスン時に練習していただきます。指導者の目があるので、これはこれで自宅よりもはるかに密度の濃い練習時間を得ることができます。
練習しない(できない)ことへの私の考え方は以下の記事で詳しく書いております。
>発表会はキラキラ星変奏曲に挑戦!6年生の生徒さんの声