腕を組んで悩み事にふける女の子

「子供の習い事はどう選んだら良いの?」

周りの子が習い事を始め「そろそろうちの子も・・」と考えている方へ。

埼玉県朝霞市の永井ピアノ教室から、今回は子供が習い事を始める上で知っておきたい事や、親として心がけるべき事などをご紹介します。

子供の習い事に興味のある方は次の記事もオススメです。
子供のやる気スイッチはどこにある?
ピアノ発表会での成功体験が男の子を変えました!
子供のピアノ教室に最も大切な事
子供にピアノを習わせたいお母様へのアドバイス
小1・小2からピアノを始めるのは遅い?

 

さて、今回この記事を書こうと思ったきっかけですが、
実は今月5日に発売された雑誌

『AERA with Kids 2015冬号』(朝日新聞出版/780円)

に、埼玉県朝霞市のピアノ教室として、永井ピアノ教室の広告を載せて頂きました。

今回の『AERA with Kids 2015冬号』のテーマは「塾・通信教育の選び方/低学年からの学習習慣」。
子供の習い事特集なのだそうです。

AERA with Kids

発売後、サンプルとして1冊頂いたので、パラパラと読んでみると、ウーン、なかなか良い事がたくさん書いてあるではないですか!

長年、子供のピアノ個別指導をしてきた私から見ても、とても共感できる内容が盛りだくさんなので、ぜひその一部をご紹介させていただこうと思います。

子供の習い事選び:3つのポイント

白梅学園大学学長の汐見稔幸先生から、以下のようなアドバイスが掲載されています。

Point.1 子供が習い事をするメリットを知る

子供の習い事には以下の3つの良い事があるとのことです。

1.普段の生活では伸ばしにくい力を伸ばす
2.頑張る姿勢、取り組む姿勢が身につく
3.特技を持つことで将来を豊かにする

ピアノ教室も、まさにコレなんです。
私は、親御さんによく言います。

「10年間ピアノを続けると、お金には変えられない財産が身につきますよ!」

1番目のメリットは
「普段の生活では伸ばしにくい力を伸ばす」

ピアノの技術や音感は、普段の生活で伸びないのはもちろんですね。

そして2番目のメリットは、
「頑張る姿勢、取り組む姿勢が身につく」
これです。これ。

特に何も習い事に行かなければ、ふつう子供の頭の中は遊ぶ事でいっぱいですよね。

ところが、習い事をすると、目標を持って取り組む姿勢が芽生えます。
当サイトでも何度か触れてきた「努力の習慣」です。

この、継続的に何かに取り組む習慣の獲得は、その後の人生にものすごく大きな力を与えます。

そして3番のメリット
「特技を持つことで将来を豊かにする」

これについてもその通りです。

よく言われる事ですが、音楽が無くても人間は生きていけます。
しかし、ピアノが弾ける、音楽が分かると、その分、人生の喜びが広がります。

また大人になって、子供の頃にピアノを習っていた経験が、思わぬところで役に立つ事が、実は結構あったりします。

Point.2 子どもが好きな事、興味のある事を選ぶのが基本

「うちの子は歌が好きだから、ピアノでも習わせようかしら・・」
と考えている親御さんも多いかと思います。

実際、永井ピアノ教室にも、

「おばあちゃんの家でいつもピアノを楽しそうに触ってるから」

とか、

「娘がピアノを弾きたいって言い出したから」

と言ってお越しになる方が多いですね。

大正解です。

以前の記事でも触れましたが、「習い事を始める動機が子供本人にある」という事は、とても大事だと私は考えています。

そのため埼玉県朝霞市の永井ピアノ教室では、子供の意志で「ピアノを習いたい!」と思って入会できるよう、無料体験を2回行っています。

これは長年のピアノ講師業の中で培った一つの技術なのですが、私は子供本人に

「ピアノが好き!」
「ピアノを弾きたい!」

と思わせて、レッスンのスタートを切る事ができるのです。
これが大事です。

ご興味のある方はぜひ一度、無料体験レッスンをお試し下さい▼
ピアノ無料体験レッスンの詳細はこちら

Point.3 始める年齢は4~5歳以降が良い

汐見先生は次のようにも言われています。

「習い事はいつ始めてもいいのですが、4~5歳未満では遊びにしかなりません。
上達しようという意欲が持てず、それをやる理由も理解できないからです。
4~5歳になると、習い事をすることで開かれていく世界がわかり、上手にできたり評価されたりすると嬉しいなど、大人の発想に近いものが出てきます。」

「脳がある程度準備が整い、知識認識能力ではなく、体で覚えていくことができ始める4~5歳から、たいていの習い事は取り組めるようになります。」

これも本当に、経験の通りです。

以前、3歳始めの子のレッスンをしましたが、「先生」と言う概念は全く持てず「おばちゃん」と呼ばれ、本当に「遊び」の世界になってしまった事を思い出します(笑)

永井ピアノ教室(朝霞市)でも、ピアノ個人レッスンは5歳くらいから受け付けています。

5歳くらいでは体はまだまだ小さく
「うちの子にできるかしら?」
という思いも、ふと生じるかも知れません。

でも、いざピアノを習わせてみると、30分きちんとお椅子に座って、習った通りにピアノを弾いたり、親が見たこともないほど集中力している姿を見せたりと、大人の方がビックリするほどの変化を、子供は見せます。
それも短期間にです。

ピアノを弾く子供は頭が良くなる

子供に習い事をさせるには、こうした3つのポイントがあります。

そしてピアノ教室の場合は、1つ大きな特典があります。

それは、ピアノを習うと頭が良くなるという事です。

ピアノが上達する子は、お勉強もできるようになります。
本当に、実際にそうなんです。
私はそういう子を何人も見てきました。

尾木直樹先生(通称尾木ママさん)も

「どうすれば、子供の頭は良くなるのでしょうか?」

と質問を受けた母親に、

「それは、ピアノをやることですよ」

と即答なさるのを、テレビで見た事があります。

どうしてだと思いますか?

実は最近、脳科学の分野で、科学的に解明され始めているんですよ。
詳しくは ⇒ ピアノで子供の頭が良くなる理由

また最近は、幼少期にピアノを習うと人間性知能「HQ」が向上するという学者さんもいます。
詳しくは ⇒ ピアノでニート予防!?~人間性知能「HQ」を伸ばす

ピアノ教室は子供の頭を鍛え、心も人生も豊かにする、最高の習い事なんですね。

ということで、今回は子供の習い事選びについて、3つのポイントをご紹介しました。

埼玉県朝霞市の永井ピアノ教室は和光市新倉からもすぐ近くです。
和光市新倉にお住まいで子供の習い事をご検討中の方、ぜひ朝霞市の永井ピアノ教室にお越しになりませんか?
和光市新倉からであれば、永井ピアノ教室は和光市駅の向こう側に行くよりも近いかもしれません。
ご興味のある方はぜひ無料体験レッスンをお試し下さい。
お申込みをお待ちしております。